Locketsメディアパートナーのみなさまへ

このページではLocketsメディアパートナーになられたみなさまへLocketsの仕組みの解説を行っています。

みなさまの記事がより多くの読者様に届けられるよう、ご協力いただけましたら、幸いです。

Lockets掲載の仕組み(詳細)

①記事の収集方法

Locketsはみなさまの記事をRSS(もしくはLockets  feed)を通じて毎日新着記事を収集しています。

原則RSSに含まれている記事のタイトル、文章をLockets記事情報サーバーに蓄積しています。そのため、RSS部分配信の場合は記事の一部しか収集されていない点をご留意ください。

②緯度経度と記事を紐付ける仕組み

Locketsではみなさまのブログ記事に位置情報(緯度経度情報)を紐付けてLocketsの記事サーバーに保存するようにしています。そうすることによりユーザーがGPSで現在の位置情報(緯度経度)を送信して、付近の記事を表示することが出来ます。

このブログ記事に位置情報(緯度経度情報)を紐付けるための仕組みを下記にて解説します。

1.RSSに含まれる記事本文の中から住所らしきところを見つける

例えば
住所:東京都渋谷区渋谷1-1-1
とか、

所在地 東京都渋谷区渋谷1-1-1

など「住所」や「所在地」などのキーワードを頼りに住所が書かれている場所を特定します。
※都道府県名から入力していただくことを推奨します。

2.住所を取り出します。

「東京都渋谷区渋谷1-1-1」という住所の文字列を取り出します。

3.システムで住所を緯度経度に変換します

「東京都渋谷区渋谷1-1-1」という住所から「緯度: 35.661247 経度: 139.706934」という場所を特定する緯度経度のデータに変換します。

4.緯度経度と記事をセットで保存

緯度経度と記事をセットで保存します。

③緯度経度と記事を紐付かないケース

下記のようなケースでは緯度経度と記事が紐付かないので、Locketsに近くの地域ブログ記事として掲載されないです。

  1. そもそも住所が記事に含まれていない場合
  2. 住所が書かれてている場所を特定する「住所:」や「所在地」というキーワードが無い
  3. RSSにその住所などの記事部分が含まれて配信されていない(部分配信の方に多いです)

上記をクリアにすれば、今までよりLocketsで近くの地域ブログ記事として検索されてその場所にいる人に読まれやすくなります。

テイクアウト情報優先表示機能

昨今の社会状況からテイクアウト情報記事を書かれている方も増えていると思います。
Locketsでは、テイクアウト情報の優先表示を始めました。

このテイクアウト情報に表示させるためには次のルールで記事を執筆してください。

1.記事冒頭に都道府県名から「東京都渋谷区渋谷のテイクアウト情報です」と表記する。

東京都渋谷区渋谷」という住所の一部と「テイクアウト情報」というキーワードでマッチングしてLockets上でテイクアウト情報として表示します。

  • 例)東京都渋谷区渋谷のテイクアウト情報です。
  • 例)〇〇屋のテイクアウト情報です。(記事内に「住所:東京都渋谷区渋谷1-1-1」など所在地を記入)

東京23区と横浜一部地域(中区・西区・都筑区)を除けば、当道府県名+市 or 郡名までで大丈夫です。例えば上記地域以外は「神奈川県相模原市のテイクアウト情報です」という表現で対応します。

※RSS全文配信の場合は記事中に「テイクアウト情報」というキーワードと所在地の住所が入っていれば大丈夫です。

2.記事内でお店の情報を紹介していただく際は都道府県名から「住所:東京都渋谷区渋谷1-1-1」という感じで記述していただけると助かります。

このページの「1.RSSに含まれる記事本文の中から住所らしきところを見つける」で説明したように住所の前に「住所:」「所在地」など住所が書かれている部分を特定出来るキーワードを入れていただくと、テイクアウト情報だけでなく「近くの地域ブログ」でも掲載されるようになります。