Locketsマガジン

ひとりひとりに。とどくとどける地域情報

ライフハック

「うわっ…私の部屋、汚すぎ…?」な方へ朗報

うわっ…私の部屋、汚すぎ…?

あまりの自分の部屋の汚さに途方にくれて、手も足も出ないなんてことありませんか。

前に片付けたばっかりなのにどうして。

残念なことに、実は

片付けのやり方が下手くそだと散らかるのも時間の問題。

そんなぁ…

がっかりしないでください。

今後片付けや整理をする人のために、片付けが上手な人と下手な人を比べてポイントをまとめてみました。

 "もったいないモノ"と"無駄なモノ"は紙一重

-shared-img-thumb-C789_hakisaretanuigurumitachi_TP_V

「ダメダメ、これは捨てたらもったいないから取っておくわよ。」

そう言う人は、ほとんど全部のものに対して同じことを言います。

これでは一生片付きません。百歩譲って片付いたとしても、あくまで一時凌ぎ。

もったいないモノで再び散らかります。

皮肉なことに、「もったいない」って取っておいたものは、大抵再び使われることがありません。

もったいないモノって結構簡単にまた手に入ったりするので、ここは未来の自分に任せて無駄を捨てましょう。

判断は"この先1年以内に使う?"

-shared-img-thumb-PAK57_kangaeruookawashi_TP_V

片付けの最中、ものを捨てるかどうか迷う時は必ずあります。

この迷いで間違った判断をすると、無駄が増えてしまいます。

もったいないなぁと思ってなかなか捨てられない時は、

「この先1年以内にこれを使うチャンスがあるか」

そうイメージしてみます。するとどうでしょう。

確実に使うモノは、簡単に手に入るものばかりではありませんか…?

逆に1年以内に使うかわからないもの、絶対使わないものはこの先も使うことがないのが圧倒的です。

それでも判断が難しい時は、お金で買えて解決できるものは捨てましょう。

一方で、お金で二度と買えない思い出の品などは、絶対に取っておくべきです。

管理できないほど物を増やさない

-shared-img-thumb-freee151108158882_TP_V

物忘れをしている訳でもないのに、違うタイミングで同じものを何個も買ってしまう

自分のモノが管理できていない証拠です。

生活必需品であるほどたくさん買ってしまいがち。

モノが増えてしまうと当然手間がかかります。

もう訳がわからぁぁああああん!と投げ出して手遅れになる前に、これ以上モノを増やさない努力をしましょう。

モノが増えるほど、目先が見えにくくなってつい後回しにしてしまいがちです。

追加で買うなら、何かを捨てるリスクもある。そのくらいでちょうど良いのです。

買う段階で"捨てる時のイメージ"

すべてのモノが簡単に捨てられる訳ではありませんよね。

大型で業者が必要なモノ、燃えない資源になるモノ、大量にあるが故にまとめて捨てにくいモノなどがあります。

捨てるのは自分です。

面倒で嫌だなぁと思うモノは、なるべく避けて買わない。これも片付けを上手にやる手段の一つです。

どのくらいの期間使えるかなぁと考えることも大切。

長期間使えるモノをたくさん買い過ぎないこと。

ゴミを持ち帰らない、溜めない

-shared-img-thumb-0I9A160415080826gomi_TP_V

部屋が散らかる原因となるゴミを持ち帰るなんて言語道断。

外のゴミ箱をフル活用しましょう。

小さいモノをたくさん買うのであれば、大きくまとめられた方を買うことでゴミ自体を減らすことができます。

特に飲食物の容器のゴミは、人が生活している限りどんどん増えます。

便利な世の中だからこそ、少しストイックに意識してみませんか。

床に物を置かない

床に物を置いてる人は確実に部屋が汚くなります。

なぜか。家具、モノ、ゴミのボーダーラインが一緒になってしまうからです。

床に物を置かざるを得ない = モノが管理できないほど多い = 圧倒的にムダがある

床に物を置くことを許した途端、当然行動範囲が狭くなり、管理するのも嫌になり放棄します。

床には物を置かない。そして目に見える場所に置くモノはあくまで生活必需品にしましょう。

部屋の片付けがうまい人は生産性もある

-shared-img-thumb-YOTA82_OKdemashita15124015_TP_V

結局のところ、まとめると部屋の片付けが上手い人はこんなことができます。

・モノの管理ができている

・後先のイメージができている

・ムダなモノを捨てる勇気がある

・管理できなさそうなモノは最初から買わない


 

これって仕事でも同じことが言えませんか?

タスクの管理ができる(=モノの管理ができている)

スケジュール管理ができる(=後先のイメージができている)

仕事の振り分けができる。すべて一人で背負わない。(=ムダなモノを捨てる勇気がある)

自分のキャパを理解していて無茶をしない(=管理できなさそうなモノは最初から買わない)

だから必然的に生産性も上がります。

今後のためにも、どうか意味のある片付けをしましょう。

-ライフハック

Copyright© Locketsマガジン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.