SlackとSkypeを連携させれば、オンライン会議もスムーズに始められる!

スクリーンショット 2016-05-23 20.57.56

今年の2016年1月にSkypeとSlackの連携が発表された。

SlackからSkypeでの音声通話とビデオ通話が可能に | TechCrunch Japan

弊社では以前よりSlackでのやり取りをメインとしており、実際に会ってのリアルなミーティングもしている。その中間としてSkypeなどによるミーティングもあるが、Slackでは同じチャンネル内のメンバーのミーティングもスムーズに進めることが出来る。

最初にSlackとSkypeの連携がいる点や、利用者側も最初はブラウザにSkypeの拡張機能・プラグインをインストールする必要がある点だけ準備が必要。

しかし、それが済めばスムーズに連携が出来る。

/skypeとコマンドを打つ。

スクリーンショット 2016-05-24 8.08.46

クリックするとブラウザが開きます。

スクリーンショット 2016-05-24 8.08.57

名前入れろといわれるが、まあ適当に名前入れてjoin.
するとブラウザでSkypeのチャット画面が開く。

スクリーンショット 2016-05-24 8.11.03

もちろん、ここから音声通話やビデオ通話も可能だ。

↓化粧をしていないので、PCのカメラをピンク色の何かで塞いだ映像・・・スクリーンショット_2016-05-23_21_02_55

もちろん、カメラ機能をオフしたりもできる。部屋の中写したくないときとかね。

こうするとSlackで一緒に進めているプロジェクトメンバーともさくっとオンラインミーティングが出来る。

SlackはSlackで便利ですが、言葉で話ししたがほうが早いこともあります。
どうしてもSlackのチャットのテキストだけだと伝わりにくいこともあります。そんな時は会ってミーティングすればいいのですが、日時調整してミーティング場所まで移動したりするのも大変ですし、移動時間含めそれなりに時間使います。

でもお互いのタイミングが合えば、Skypeによる音声やビデオによるミーティングでさくっと素早く伝えたりできます。そうやって意志決定や作業を素早く進めるというが出来た方がプロジェクトを円滑に進めることが出来るときもあるのです。

Slackユーザーのみなさん、一度利用されてみてはいかがでしょうか。

ABOUT US

プラス・ムーブメント合同会社代表社員。 アジャイルメディア・ネットワーク株式会社にてレビューズを担当。 Web制作会社にてディレクターやプロデューサー、インターネット広告営業などに従事。2012年6月プラス・ムーブメント合同会社を設立、2015年1月よりAMNに入社し兼任。企業とブロガーとのマッチングサイト「レビューズ」を初めとしたブロガー施策などで営業・ブロガー窓口などを担当。 2006年よりブログ「ムジログ」を始め、2012年11月よりAMNパートナーブロガー。ブログでのレビューや仕事なども募集中。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門 」がある。